アクセス解析
“倖せ”の正体 2008年08月
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「今日は、考えがまとまらないので、
思い浮かぶフレーズを流れのままに書いてみたい。」


自分を大切にする人は、他人も大切にする。

自分の命がどうでもいい人は、他人の命もどうでもいい。

自分を信じられる人は、他人も信じることができる。

自分さえ信じられないのに、他人を信じられるわけがない。

愛されて育った人は、自分を愛することを学び、
やがて、人を愛するようになる。


愛された経験の乏しい人は、自分の欲のために人を好きになる。
強制的に愛を求めて、DVやストーカーにもなり得る。



毎年、自殺者が約3万人いるという。
自殺者は、自分を大切にしているとは言えない。
その予備軍も含めると、自分を大切にしない人が
この国に何万人といることになる。

ということは、当然、他人も大切にしない人がそれくらいいる。
すなわち、犯罪予備軍がそれだけいるということでもある。

その人たちがそうなった一番の根源は、
たった、一つ

「愛された」という経験の欠如である。

全ての人間は、ただ単純に、愛されることを望んでいるに過ぎない。

初めに愛されて、それで次ぎのステップで、
人を愛することができるようになるのが人間だから。

すべての子供たちを、愛情で育てること。
それが、人間と社会を倖せにする一番の方策だと思う。

そのために、政府があり、社会があり、学校がある。

全部が一丸となって、自分と他人を大切にすることを学ばなければ

社会のシステムそのものが崩壊してしまう。

さあ、わが子を抱きしめよう。
それが、その子を倖せにし、
その子に関わる人々を倖せにし、
地球を倖せにすることになるのだ。



関連ブログランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:“倖せ”の正体 - ジャンル:日記

【2008/08/25 10:11】 | “倖せ”の正体
トラックバック(0) |


あるがまま
全ての記事を読ませて戴きました。

随分と沢山の未承認コメントがありますね。

寄せられた公開コメントを未承認のままにするのは、フェアーな行為ではありませんね。

有言実行で生きましょう


福地海
ありがとうございます。
随分と長い間ほっておいてすみません。
いっぱいあった、アダルト宣伝系コメントを全部消去しました。
これから、また少しずつ頑張っていこうと思います。どうぞよろしく。

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。