アクセス解析
“倖せ”の正体 2007年11月
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何かの病気になって、寿命を告げられると、人は大きなショックを受けるものである。
しかし、たとえ健康な人でも、寿命を告げられると、やはりなんらかのショックを受けるものだと思う。

“寿命”って、みんなそのことを知っているのに、知らんふり。


人は一日のうちに、誕生と死を仮体験している。
目覚めが「誕生」、睡眠が「死」である。

今日一日が、人生のすべてである。
人は、いつだって“今日”という一日の中でしか生きることができないのだから。

いつも死を覚悟して、潔く生きよう。
夜が明けたら、儲けもんだと思え!また一日の猶予が与えられたと。

沖縄の琉歌のにこういう文句がある。
「生まりらば 同歳(ちゅとぅし) 後先(あとぅさち)や知らん」
(生まれたらみんな同じ年、後先はだれも知らない)

だからと言って、試験の前の一夜漬けのように生きるのは、よくないね。

関連ブログランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【2007/11/19 09:43】 | “倖せ”の正体
トラックバック(0) |
人の行動や感情は、すべて「意識」が決定しています。

意識できる「意識」を顕在意識といい、
意識できない「意識」を潜在意識(無意識ともいう)といいます。

人の行動や感情は、無意識な部分が大きいといわれていますが、それとて意識であることには変わりありません。

だから人は、本能的な生き物ではなく、まさしく意識的な生き物なのです。

つまり、意識を変えれば、ものの見方が変わり、感じ方が変わり、行動が変化し、生活が変わり、人生が変化するのです。

倖せになれるかどうかは、「日頃からどんな意識を働かせているのか」ということだと思います。

物や環境を整えようとする前に、心の意識改革を図ることが重要です。

幸福とは心が感じるものだからです。


関連ブログランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ

FC2blog テーマ:不安定な心 - ジャンル:心と身体

【2007/11/13 10:06】 | “倖せ”の正体
トラックバック(0) |
19年間努めた職場を退職して、1年間母親を介護していました。そして今年また再就職!
退職する前や、再就職する前は、「変化」を恐れていたように思います。

人は、幸福の中では、「このまま時が止まればいい」などと変化を恐れ、
不幸の中では、「ああ私の人生は終わりだ」などと変化しないことを恐れます。

しかし、世の中は諸行無常、変化しないものは何もありません。
変化を恐れるもなにも、必ず状況は変化するものです。

だから、変化を楽しむように生きるのです。
まるで、天気のように、変化の中でそれを楽しむように!

季節は刻々と変化するから、美しいのです。


関連ブログランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 悩み・苦しみ・迷いへ

FC2blog テーマ:“倖せ”の正体 - ジャンル:日記

【2007/11/09 17:35】 | “倖せ”の正体
トラックバック(1) |


あるがまま
こんばんは、山川さん

この記事の前に“喜びと楽しみ”の違いについて書かれておられますが・・・

変化は楽しむものなのですね。

てっきり『変化は喜ぶもの』かと思いました。


福地海
そうですね。
変化そのものが、直ぐに「喜び」には繋がらないのかもしれません。

でも、「楽しむ姿勢」の中から、「喜び」が生まれてくるかもしれませんね。
「喜び」ってじわーっと湧いてくるものかもしれないですね。
実感するのに多少時間がかかるかもしれないです。

参考;新約聖書へブル人への手紙12:11
「すべての訓練は、当座は、喜ばしいものとは思われず、むしろ悲しいものと思われる。しかし、後になれば、それによって鍛えられる者に、平安な義の実を結ばせるようになる。」

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。